画像の説明【がんリハビリテーション・セミナー】
看取り期までのリハビリとスピリチュアルケア

講師

安部能成先生画像安部能成先生
(千葉県立保健医療大学 リハビリテーション学科 准教授 医学博士)
(前・千葉県がんセンター 作業療法士)
(日本癌治療学会(JSCO)代議員)
(日本緩和医療学会(JSPM)・理事)
(日本在宅ホスピス協会(HHA)世話人)

参考文献
 安部著・新刊『終末期リハビリテーションの臨床アプローチ』(メジカルビュー社)2016年9月

プログラム

  • いつでもスピリチュアルケア:予後が年単位のリハビリ
    治癒的治療が難しくなってからの身体の変化とリハビリ
  • ホスピス・緩和ケア病棟:予後が月単位のリハビリ
    対麻痺患者が歩いてトイレに行きたいと希望したら?
  • 訪問・在宅ホスピスでこそ:予後が週単位のリハビリ
    生活支援のケアとリハビリの深い関係
  • リハビリ中の患者さんの「つぶやき」への対応
    「こんなのでは生きている意味がない」と言われたら?
  • トータルペインの誤解
    リハビリは全方位から苦痛へのアプローチが可能

事前アンケート
※このセミナーは事前アンケートがございます。受講証が届きましたらご回答をお願いいたします。

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
※現在予定はございません

ライン
定員:

受講料:


関連セミナー
がんリハビリテーション入門講座
がん患者のリハビリと心のケア