がんリハビリテーション・セミナー

がん患者のリハビリと心のケア

講師

安部能成先生画像安部能成先生
(千葉県立保健医療大学 リハビリテーション学科 准教授 医学博士)
(前・千葉県がんセンター 作業療法士)
(日本癌治療学会(JSCO)代議員)
(日本緩和医療学会(JSPM)・理事)
(日本在宅ホスピス協会(HHA)世話人)

参考文献
 安部著・新刊『終末期リハビリテーションの臨床アプローチ』(メジカルビュー社)2016年9月

プログラム

  • がん患者に特有なコミュニケーション
  • がん患者の評価はコミュニケーションで行う
     痛み・倦怠感・呼吸困難など、がんの主観的症状の評価に
  • 早期がん患者との面接場面:傾聴の技法
     語れる患者には話してもらう → 心を聴く共感法・相槌法
  • 進行がん患者に多くみられるリハ室での対話場面
     急激な体力低下で話が続かない → 非言語的方法とは?
  • 末期がん患者と心を通わす
     支持的コミュニケーションの威力
  • 患者に希望を与えるリハビリとは

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
※現在予定はございません

ライン
定員:

受講料:


関連セミナー
がんリハビリテーション入門講座
看取り期までのリハビリとスピリチュアルケア