画像の説明 在宅でも簡単!がんリハビリのいろは

患者さんと家族のためにセラピストができること

講師

安部能成先生画像Ph.D.安部能成
(千葉県立保健医療大学 リハビリテーション学科 作業療法士)
(日本癌治療学会(JSCO)代議員)
(日本緩和医療学会(JSPM)・理事)
(日本在宅ホスピス協会(HHA)世話人)


プログラム

  • 病院リハビリとは異なる在宅リハビリの強み
    機器も設備もない在宅で可能なリハビリ
  • 在宅がん患者がリハビリに望むこと
  • 1人4役を果たせるセラピストを目指そう
  • がんリハビリは在宅でこそ本当に活きる
    がん治療の基礎知識に基づくアプローチ
  • 痛みのコントロールは在宅でも十分可能
  • 在宅リハ成功の鍵はコミュニケーションにあり
  • 簡単便利な在宅リハビリの評価法
  • 終末期がん患者のQOL改善のためにできること

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
近畿2019年05月11日(土)神戸市産業振興センター
神戸市中央区東川崎町1-8-4
(神戸ハーバーランド内)
申込む

※上記セミナーは10:00開始,16:00終了の予定です

※当会と開催施設は一切関係ありませんのでお問い合わせは関西看護ケア研究会まで

ライン
定員:80名(先着順)

受講料:12,960円 


関連セミナー
がんリハビリテーション入門講座
5大がんに対する疾患別リハビリテーションアプローチ