画像の説明 症状別がんリハビリテーション

がん特有の痛みや呼吸困難、骨転移などの症状を理解し、
患者さんが心地よいと感じるリハビリテーションを展開しよう!

講師

安部能成先生画像Ph.D.安部能成
(千葉県立保健医療大学 リハビリテーション学科 作業療法士)
(日本癌治療学会(JSCO)代議員)
(日本緩和医療学会(JSPM)・理事)
(日本在宅ホスピス協会(HHA)世話人)


プログラム

  • 痛み、痺れの緩和
  • 呼吸困難の軽減
  • 消化器症状 吐き気 下痢
  • 骨転移(骨関連事象:SREを含む)
  • がん悪液質vs廃用症候群
  • 全身倦怠感
  • 体力低下 体重減少
  • 心理・社会的苦痛の緩和、スピリチュアルペイン

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
東京2019年12月14日(土)中央労働基準協会
東京都千代田区二番町9番地8
申込む

※上記セミナーは10:00開始,16:00終了の予定です

※当会と開催施設は一切関係ありませんのでお問い合わせは関西看護ケア研究会まで

ライン
定員:80名(先着順)

受講料:12,960円 


関連セミナー
5大がんに対する疾患別リハビリテーションアプローチ
在宅でも簡単!がんリハビリのいろは