画像の説明 高齢者施設での看取り

いわゆる看取り対応とは、終末期(人生の最終段階)の対応をいいます。
国民の多くが不自然な延命措置は望まないとしながら、終末期に不自然な延命措置を受ける事例が、まだまだあるようです。
介護現場に目を向けると、看取り対応に踏み出せない施設がある一方、すでに取り組んでいる施設や在宅ケアでも、疑問を持ちながら臨んでいるスタッフが少なくありません。
いちばんの疑問は、なにをもって看取り期と判断するかでしょう。
揺れ動く家族に何から説明すればよいのかといった声も聞かれます。
警察介入や行政解剖と聞いただけで、怯えてしまうスタッフもいるようです。
看取り対応を実践するには、必要最低限の確認事項と、技量が求められます。
なかでも生命(いのち)と向き合ってきた看護師の役割は大です。
死の周辺にあるデリケートな部分を理解し、疑問を解きほぐすことで、その先にある“やすらかな最期”への道筋をつけましょう。

講師

荒井千明画像荒井千明先生
(浜辺の診療所・医師)

参考文献
 荒井千明著『いつもと違う高齢者をみたら』(医歯薬出版)

プログラム

  • 看取りとは、究極の愛である
  • 看取り期は、早期発見・早期対応の末にやってくる
  • いつもと違う状態と、終末期との関係
  • 老化とは、老衰とは
  • 状態悪化と終末期を区別する指標
  • 施設内看取りと病院搬送
  • 家族に説明しておくこと
  • 不自然な延命を希望しない家族への説明
  • 看取りと死亡診断書
  • 死亡診断書が書けないケースとは?
  • 終末期ケアに対するいくつかの誤解


    受講生の感想

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
※現在予定はございません

ライン
定員:

受講料: