【実習で学ぶ】
変形・拘縮があっても重心児者に心地よい介助法

講師

花井丈夫先生画像花井丈夫先生
(横浜医療福祉センター港南 理学療法士)
(重症心身障害理学療法研究会・代表 )


プログラム

  • 姿勢・体位が及ぼす生理的影響
  • 筋緊張が亢進する原因
  • 実習:心地よい介助技術の実際
    • 感じてみる~重心児の疑似体験
    • 筋緊張を緩める触れ方、さわり方
    • 変形拘縮のある児の体位変換のポイント
       側臥位 → 腹臥位 腹臥位 → 座位へ
    • 移乗介助と腰痛予防
       腰に負担にならない一人での抱き上げ
  • 骨折の原因となる介助=心地よくない介助

  受講生の感想

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
※現在予定はございません

ライン
定員:

受講料: