ベッド上でのポジショニングは院内研修がありますが、シーティングについて学ぶ機会は今回が初めてでした。漠然とこれがよい姿勢と思っていたものが全くそうでないことや、座位姿勢と嚥下の関係など、改めて学ぶことができ、すぐに活用できる知識と技術を得ることができたと思います。院内にある限られた備品をどう使えるものにしていくか、明日から創意工夫していきたいと思います。(NS)

実践的で役立ちそうな内容だった。片麻痺で自走する時に、どうして姿勢が崩れるのか?どのように自走してもらればよいのか悩んでいたが、姿勢が崩れてくる理由や自走の仕方を聞くことができた。講師のポジショニングに対する熱い思いが伝わってきた。(NS)

大渕先生のお話しは毎回、そうそう、なるほどと合点がいって現場そのままの課題解決になって勉強になります。技術はもちろんだけど利用者に対しての心や気持ちの配慮も全人的に考えられている大渕先生の介助の姿勢に共感できた。(PT)

とても悩んでいたことが受講しながら「そう、そう」と話がスーッと頭に入ってきた。自分に知識や技術がなく介護スタッフに説明する自信がなかったが、今日のお話しを聞いて“伝えないといけない”という使命感を感じた。(OT)

今までのシーティングの考え方が変わり、日頃の業務にどのように取り入れたらいいか前向きに考えることができた。利用者の重度化に伴い、施設でもシーティングを正しく理解し、全職員で現場に取り入れていきたいと思った。(OT)

不良姿勢による身体への影響がよくわかり、座位姿勢の大切さを改めて感じた。(看護師)

PTである以上、医学的・科学的根拠に基づくことは必要。同時に現場で多職種で関わっている点では、根拠ばかりにこだわり何もしないよりも、考え試行してみることも大切だと思った。応用していける知識と技術を身につけたい。(PT)

シーティングについての知識とそれに伴う多職種間の連携も勉強になった。実際の利用者を対象に今日の内容の再確認を行い、自分なりの単純化と職場内での連携ができるように頑張りたい。(PT)

仙骨座りなど不良姿勢がいかに患者さんに対して害が大きいか、今までで一番実感することができた。早速臨床で活かしたい。(PT)

実践的でわかりやすい講義でした。施設内のPTさんに任せて、知識もないまま看護・介護業務を行っていましたが、不良姿勢の健康への影響を学習して、反省するところがありました。(看護師)

訓練の合間などに車いすのシーティングを行っているが自分が行っているシーティングはフットサポートやバッグサポートの調整が主で、その患者さんの呼吸や嚥下の状態などを細かく把握したうえでの姿勢調整は行ってこなかった。今回、目からうろこで大変勉強になった。(OT)