頸部聴診がきちんとできるようになりたいと思い受講したので、まず、正常音と異常音とをたくさん聞けたこと、また、自分で異常音を作るべく、その動作をしたことで、いかに飲み込みに影響があることなのかが体感でき、大変貴重な体験を学べました。(老健・ST)

頸部聴診とその評価については以前からきちんと学びたいと思っていた分野だったので、とても勉強になりました。早速本日からの臨床で生かせたためとても良かったです。(総合病院・ST)

正常音・異常音を繰り返し何度も聴かせてもらえたので、大変分かりやすかったです。
自分の中に聴診の基準を持てるように、明日から頸部聴診を実践していきたいです。

STではないので内容についていけるか心配でしたが、看護師にとっても大変分かりやすいセミナーでした。病棟でも頸部聴診をどんどん取り入れていきたいと思いました。

聴診だけでなく、視診や触診など現場ですぐに活かせそうな評価のポイントがいっぱいだったので、大満足です。嚥下音の波形もセットでみれたので分かりやすかったです。

自己流でなんとなくやってきた頸部聴診法を、5つの異常音を中心にしっかり学べて良かったです。体験実習や症例検討も分かりやすかったです。

施設にSTがいないので、嚥下評価は恐る恐る行っていました。今日のセミナーで頸部聴診や喉頭の触診法を学べたので、明日から現場で活かしていけそうです。

不良姿勢での体験実習をいろんなパターンで行ったことで、患者さんの嚥下障害がどのような原因で起こっているのか、どのようなリハビリが必要なのかを考えるコツがつかめた気がします。