【実習で学ぶ】
呼吸ケアにいかす聴診の基本

聴診を中心に、呼吸苦を察知するフィジカルイグザミネーション

呼吸リハの臨床で、聴診が苦手、自信がないというお声をたくさんいただきます。そこで聴診法の基礎を学びながら、岸川流・聴診のワザとコツで『こうすれば肺音がしっかり聴取できた』と実感できるセミナーを企画いたしました。ぜひご参加ください!

講師

岸川典明先生画像岸川典明先生
(愛知医科大学病院・リハビリテーション部)


プログラム

  • 呼吸器の解剖・生理の再学習
  • 聴診部位を確定しよう!
     肺のランドマークの見つけ方
  • 「エア入り良好!肺雑なし」は本当に大丈夫?
  • 肺胞呼吸音(S10)を聴きとる
  • 副雑音の原理と聴き分けるポイント
  • 無気肺の聴診と触診
  • 視診、触診でわかること 打診上達法のコツ

【実習】上記を実際に体験しながら、聴診の基本と聴き分けるトレーニングや
    触診手技をマスターしましょう!

受講特典 肺音CDプレゼント!


  受講生の感想

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
北海道2019年03月09日(土)札幌市教育文化会館
札幌市中央区北1条西13丁目
申込む

※上記セミナーは10:00開始,16:00終了の予定です

※当会と開催施設は一切関係ありませんのでお問い合わせは関西看護ケア研究会まで

ライン
定員:80名(先着順)

受講料:12,960円