【講義と実習で学ぶ】
認知症患者の摂食・嚥下障害セミナー

認知機能へのアプローチを中心に

受講対象
看護師 PT OT ST 特別支援学校教員 保育士 栄養士 歯科衛生士 介護福祉士 保健士など障害児者に関わるすべての職種の方

講師

小島千枝子先生画像小島千枝子先生
(藤田保健衛生大学 医療科学部 リハビリテーション学科・客員教授)
長谷川賢一先生画像長谷川賢一先生
(東北文化学園大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 教授)


プログラム

  • 摂食・嚥下障害に関係する高次脳機能障害について
  • 認知症の症状
  • 嚥下のメカニズムを知る
  • 誤嚥性肺炎を起こさないために
  • 認知症患者の食べ方の特徴
  • 認知機能へのアプローチによる食事介助法

 【演習】検査法と症状のとらえ方
 【実技】認知症の人への具体的な摂食・嚥下アプローチ、Kスプーンを用いた介助法
 【質疑応答】こんなことで悩んでいます→悩みの内容(アンケート調査)

※実習を行いますので、各自、普段お使いのスプーンと手鏡をお持ち下さい
ライン
参加特典
 参加者全員にKスプーン(定価\756)1本プレゼント!
 (当日、実習にて使用いたします)

 ※Kスプーン とは?= 嚥下障害のある患者さんに適したスプーン
  (小島先生と(株)青芳製作所の共同開発)


開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
※現在予定はございません

ライン
定員:

受講料: