画像の説明 爪のケア・フットケア

現場でできる 爪切り・フットマッサージの技術

フットケアの学習会は各地でさまざま開催されていますが、今回のセミナーはいつでも、どこでも、だれでも現場で活用できることを目標に計画しました。

まず、実習で正しい爪切りの方法を体験しましょう。正しい爪切りによって血流の流れが良くなり血管を圧迫している筋肉のゆがみやねじれ、緊張などを解消することができます。
この爪切りの技法は、「血の道療法」という講師の家伝であるフットケアの方法ですが、日本総合医療学会などでその成果も実証報告されています。
病院はもちろん高齢者施設や在宅で職種を問わず誰でもいつでも簡単にできる手技ですので、現在全国で1,500名以上の看護師などが専門的技術習得者としてさまざまな現場で活用しています。

今回はフットケアの基礎的な学習(入門コース)です。一部、糖尿病足病変の難しい症例もご紹介いたします。
現場ですぐ使える爪切りやフットマッサージの基本を身に着けていただき、明日からご活用ください。

講師

室谷良子先生
(日本フットケア協会・代表)
 


プログラム

  • フットケアの原理
  • 爪切りの原理:爪を含む末端(動静脈吻合など)の構造
  • 末端ケアの効果が全身へ広がる仕組み
  • 足病変を見分ける眼 チェックポイント
  • 爪切り法による静脈瘤症状改善の一症例
  • トラブル爪のケア方法 巻爪、白癬爪、割け爪、二枚爪、肥厚爪
  • 現場で使えるフットマッサージの方法と症例報告
  • 手軽にできる体圧分散法-タオルを利用した褥瘡予防

【実習】 ①正しい爪切りの方法
     ②切るときの注意事項
     ③通常の爪の切り方・整え方

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
埼玉2018年11月18日(日)埼玉教育会館
さいたま市浦和区高砂3-12-24
申込む

※上記セミナーは10:00開始,16:00終了の予定です

※当会と開催施設は一切関係ありませんのでお問い合わせは関西看護ケア研究会まで

ライン
定員:80名(先着順)

受講料:12,960円