画像の説明 基礎から学ぶ精神科訪問看護

精神科訪問看護はじめの一歩

精神科の症状は目に見えない、画像や数値がないのでアセスメントがしにくいと思っていませんか?なんとなくの知識のままで精神科看護に関わっていませんか?
このセミナーは、精神科の病棟の経験しかない方や、算定要件研修後のフォローアップ、これから精神科訪問看護に携わる方向けに企画しました。
精神科看護の定義とアセスメントについて基礎から学び、病棟看護や他科との違い、「症状と付き合いながら生活を組み立てる」ことを、事例を通してお伝えします。これらは、精神科の診断がついていない方にも応用できる技術です。
自信を持ってはじめの一歩を踏み出せるような学習会になればと思います。

講師

進あすか先生画像進あすか先生
(訪問看護ステーションみのり・統括管理責任者 看護師)


プログラム

  • 精神科訪問看護で重要なこと
     自分を知る 物の見方を変える
  • 事例ごとに精神科訪問看護の特性を知る
     ①統合失調症
      アセスメント→利用者が主体となる看護計画→介入方法
     ②双極性障害
      アセスメント→利用者が主体となる看護計画→介入方法
     ③発達障害
      アセスメント→利用者が主体となる看護計画→介入方法

    ※目標設定の方法,初回面接時のコツ,利用者との信頼関係の構築などもお話します。
    ※詳細は変更になることがあります。

開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
近畿2019年07月14日(日)大阪国際交流センター
大阪市天王寺区上本町8-2-6
申込む

関東2019年11月09日(土)中央労働基準協会
東京都千代田区二番町九番地八
申込む

※上記セミナーは10:00開始,16:00終了の予定です

※当会と開催施設は一切関係ありませんのでお問い合わせは関西看護ケア研究会まで

ライン
定員:70名(先着順)

受講料:12,960円(税込)