【講義&デモ】
下肢リンパ浮腫ケア

患者さんに学ぶ臨床での展開と応用

平成28年4月よりリンパ浮腫の治療が保険適応となりました。回数や時間の制約を受けるため、効率の良い対応が望まれますし、セルフケアは今まで同様必要であることに変わりありません。良い状態を維持するためには、日々、時間経過で変わる患肢の状態をこまめに確認し把握することが欠かせません。そこで浮腫のある患肢をより良い状態に改善あるいは維持させるにはどうすればよいのか、臨床場面でよく遭遇する落とし穴とその対応について解説します。

受講対象
 すでに基礎的なリンパ浮腫の研修を受講した看護師、理学療法士、作業療法士 等

講師

上田亨先生画像上田亨先生
(リムズ徳島クリニックPT 医療リンパドレナージセラピスト)


プログラム

  • H28年診療報酬改定:リンパ浮腫への基本対応の確認
  • いい状態を保つための患肢のとらえ方
  • リンパドレナージ施行上の注意点
  • 失敗しないための圧迫療法:落とし穴とその対策
    ①弾性着衣による圧迫療法 ②弾性包帯による圧迫療法
  • 運動の考え方と実施上のポイント
  • 重症例への対応
  • 生活指導、スキンケアの具体策

 以上の内容を一部デモンストレーションを交えて解説します。


開催日程・定員・受講料

地区開催日会場・地図申込
※現在予定はございません

ライン
定員:

受講料:

関連セミナー
【実践に向けての2daysセミナー】実践!リンパ浮腫ケア 臨床にいかす複合的理学療法の実際